<< これって私だけ? | main | ぞわぞわするっていう話と、腰が痛くて大変だったっていう話 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2016.02.10 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    両親と京都へ。(方言のオンパレード)

    0


      ※今回は文章が長く写真も多いので、
      携帯で見て下さっている方は、タイトル画面一番下から、
      PC表示に切り替えた方がいい…かも…?






      ウチの旦那は大好きな小熊アナウンサーの事をついに「おぐおぐ」と言うようになりました。


      昨日のZIP!は小熊アナウンサーがたくさんテレビに映っていた上に、
      ベテランアナウンサーなのに、ちょっと噛んだりしてかわいかった。

      なのに、旦那は熟睡していて見てないっていう…

      その事をZIP!が終わった後に目を覚ました旦那に言うと
      「なんで起こしてくれんかったん?!」と怒られました(笑)




      しらんがな。


      いつもは寝てても「くらべろ〜!」の声で目を覚ますくせにおんどりゃ。









      前回のブログから1か月が経ってしまったのですが、
      その間にウチの両親と旦那の4人で1泊2日の京都旅行に行ってきました!

      ウチの母さんが生まれてから1度も京都に行ったことがないから行ってみたい、ということで
      父さんが京都旅行を計画したそうなんです。
      でも父さんも京都は社員旅行でチラッと行った程度だったため、
      そこで京都に何度も行っている我々夫婦が観光案内役としてお呼ばれされたというわけです。

      旦那とウチの両親は仲が良いので、気も使うことなくお互いに超リラックスムードで楽しめた^^





      観光したのは主に、定番というか、有名なところ。
      その方が初めて行く母さんが楽しめるだろうという事で計画して行きました。

      出発は早朝3時!
      両親が車で自宅へ迎えに来てくれて、真っ暗な高速道路で京都へ向かいました。

      途中、サービスエリアで朝食を食べたりして、
      京都に着いたのは朝の6時くらいだったかな?






      最初に行ったのは清水寺だったのですが、当然、お土産屋もまだ閉まっているうえに、
      観光客も少人数でした。


      いつも清水寺って人がいっぱいで混むじゃないですか。
      でも、今回はほとんど人がいなくて、すっごい歩きやすかったし、写真も撮りやすかったです!



      買い物をする予定がなければ早朝がオススメです。
      たしか、朝の6時半から入場できたはず。



      清水寺の後は、伏見稲荷とか、建仁寺とか色々なところへ行きました。
      本当に沢山観光したので、文章を書くと長くなるため写真だけで省略。











      1日目最後の竹林の道の時には、すでに母様がすっかり歩き疲れてた(笑)
      真夏の暑い日だったし、サンダルを履いてきてしまっていたので、無理もないですね(笑)


      父 「ほいじゃけぇー履きなれた運動靴を履いてけってゆったのにから…蒸れるのが嫌じゃけぇってサンダルにするんじゃけぇ(-_-)」
      母 「だって歩き回ったら蒸れるかのぉ思ったけぇ…(´・ω・`)」

      と会話する父と母のやりとりがなんだか懐かしい上に、
      なんだかんだで母の荷物を持ってあげたり、ちょくちょく冷たいお茶を差し出してあげる父は、相変わらず紳士だなぁと誇らしかったです(笑)
      うん!愛だね!(`・ω・´)





      宿泊は、京都シティホテルさんにお世話になりました!



      繁忙期なのに料金も比較的安くて、接客も良くて快適に過ごせました。
      新婚旅行以外は車内泊をしてきた旦那と私にとっては、お布団で寝られること自体が贅沢(笑)


      夕飯は近くの居酒屋さんへ行きました。
      父、旦那、私が会話と食事を楽しむ中、すでに限界を超えつつある母は、
      焼き鳥を少し食べてビールを飲んだ後は、ひたすら一点見つめ…( ゚ ゚ )ポケー


      私 「母さん大丈夫〜?(;´∀`)」
      母 「……ちょっと酔ぉた(゚ ∀ ゚)←無理やりな笑顔」

      元々酔いやすい母ですが、見るからに疲労で魂が半分出た感じでした(笑)
      気づいたら椅子に座ったまま寝てたし(笑)


      その間、我々3人はガッツリ居酒屋メニューを楽しみました。
      砂ズリの焼き鳥が非常に美味しかった!今まで食べてきたのと違う!
      そして3人とも「焼き鳥には塩!」という意見で一致し、
      追加注文するたびに「塩で。」「塩で。」「塩で。」と言い続けました(笑)
      美味しいよね、塩!






      2日目の朝には母様も回復したようで、元気に観光!
      最初は西本願寺へ行きました。





      西本願寺では、お寺のことを紹介してくれるおじさんがいて、
      遠い昔の建築者が、床に芸術的な細工をしていることを教えてくれました。










      なんだか隠れミッキーみたいですね!
      ディズニー好きじゃないから修学旅行でしかディズニーランドに行ったことないけど!
      西本願寺へ行った際にはぜひ探してみてください。
      いたるところに色々な形があって面白かったですよ〜!



      その後は金閣寺、北野天満宮へ行きした。





      北野天満宮の後は渡月橋周辺でお土産を購入。
      職場には抹茶餅と豆のお菓子を、旦那の両親とお姉さん家族にはお茶のラングドシャを。
      自分へのお土産には大根の漬物を購入☆


      旦那が翌日から仕事だったので、夕方には京都を出て帰路につきました。
      あっという間に終わった2日間…
      でもすっごくすっごく楽しかったです!!
      何より自分の両親と久しぶりに長い時間過ごせたし、旦那も一緒にいてくれたし。


      しかも、ホテル代、交通費、食事代、入場料のほとんどの出費を両親が出してくれたという…
      私たち夫婦は全然そのつもりはなかったのですが、
      支払いのタイミングで次々と先手を打たれました…
      私が両親の分も含めて支払いできたのって、1日目の入場料1か所と昼食代くらい…。


      昼食はガストに行ったのですが、みんながそろそろ食べ終わるという時に、
      私 「母さんのそのメガネって新品?(・∀・)」
      母 「いーや?ずっと前に買うたやつよ。(゚∀゚)」
      父 「2年くらい前じゃったいの?(゚Д゚)」

      と、母さんと父さんがメガネに目線がいっている時に、
      すかさずサッ!とテーブルに置かれた明細を取ってやりました(笑)

      私 「取ったーーーーー!!!!(`・◇・´)」
      父 「あっ!!(゚д゚)! あー…しもうた…やられた…(;-_-)」

      というわけで、ここの昼食代は4人分きっちり支払わせてもらいました。
      こうでもしないと、1番早く食べ終わる父が必ず明細を取ってしまうので。


      でもその後も、私VS両親の支払いの戦いは続き、
      金閣寺の入場料を払う時なんて、私が支払所にしれっと小走りで行くと、それに気づいた母が
      母 「いけん!!いけんっちゃ!!(# ゚Д゚)」
      と、走る私を日傘で押さえるという荒業(!)でいち早く支払いを済ませてしまう母。



      …いつからそんなに俊敏になったの。





      ウチの両親は(特に母)払うと言ったらマジで譲らない人です。
      しかし、母の母(つまり祖母)もマジで譲らない人で、母と祖母の、

      母 「えぇっちゃ!私が払うけぇ!(゚Д゚)!」
      祖母 「えぇいね!私に払わせんさいや!(´Д`)」
      母 「えぇっちゃ!ほんまにえぇっちゃ!(((( ;゚д゚ )))」
      祖母 「えぇけぇ!私が払いたいんじゃけぇ!払わせんさいや!(((;´Д`)))」
      母 「えぇ!えぇ!ほんまにえぇけぇ!(; ・`д・´)」

      祖母 「えぇっちゃいね!聞き分けのない子じゃねーほんまに!
      払いたいって言いよるんじゃけぇ払わせんさいや!(# ゚Д゚)!」


      母 「…えぇのにほんまに……(´・ω・`)」
      【結果:祖母の威圧が勝利】


      というやり取りを子供の頃からなんっ度も見てきまして、
      その度に、レジや受付の人が『もうどっちでもいいから早く払って下さい』という冷ややか〜なオーラを出しているのを見てきました(笑)
      そして私自身も『あげる』と言われたら『ありがとう!』と遠慮がない子に育ってしまったので、
      旅行費のほとんどを両親に甘えさせてもらいました。



      今度両親と出かける時には、出発前から
      「ウチが出すから!!!」と言っておこうと思います。
      次回こそ、普段は優しい母の恐い形相と、父の冷静に諭すような説得に打ち勝ちたい。






      スポンサーサイト

      0

        • 2016.02.10 Wednesday
        • -
        • 20:26
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座